合格直結学習の心得

ひと昔前と比較すると、格段に難化傾向にある行政書士試験。
「合格率一桁なんて、普通の勉強をしていてはうからないのでは?」
「きっと、応用力が重視される傾向にあるんだろう」
そんなイメージが付いてまわるあまり、世の行政書士試験受験生は勉強法にあれこれ頭を悩ませているのではないでしょうか?

行政書士試験に限らず、合格率が極端に低い、しかも一般的に「難しくなった」と言われているようなテストの場合、受験生は「マニアックな知識ばかりに固執する」といった傾向に走りがちです。
基礎的なところは重視せず、本当に細かな箇所や奇問・難問の類にばかり気をとられているケースは多々見受けられます。
結果、本試験では足元をすくわれて不合格という方が大変多いのが、行政書士試験の特徴でもあります。

行政書士試験合格のために重要なのは、あくまで「基礎的な知識」です。
過去問をしっかりと分析してみましょう。応用的な難しい問題と基礎問題が、どんな配分で出題されているでしょうか?
合格基準となる60%を確保するために、難問に正答することは本当に必要でしょうか?
その答えは“NO”、行政書士試験にうかるには確固たる「基礎力」がモノを言うのです!

基本をしっかりと習得するには、「基礎中心の分かりやすい教材」を使って勉強を進めるのが一番です。特に法律を初めて学ぶ方は、難解な法律用語や考え方をクリアにするために「イラストや図表を用いたテキスト」に注目されるのがオススメです。
「文字がぎっしりでないと勉強した気にならない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、この場合、ただの自己満足で終わってしまう危険性もあります。

次項以降では、管理人オススメの行政書士勉強法について具体的にご紹介してまいります!