独学?通学?それとも通信?

今や、行政書士試験受験生に特に支持されている勉強法といえば「通信教育」です。
少し前までは予備校への「通学」が一般的で、「通信」となるとちょっとマイナーな存在でしたが、最近、忙しい社会人を中心に広く注目され始めているのが「通信」という選択肢なのです。

予備校の場合、どうしてもネックになってくるのが「高額な受講料」「通学することへの煩わしさ」。特に後者の問題については、仕事をしながら行政書士試験に挑戦される方で「通いきるのに苦労して肝心な本試験まで気力・体力共にもたなかった」というケースは決して珍しくないようです。
高いお金を払って、わざわざ苦労する道を選ぶなんて、とても得策とは言えませんね。

また、ネットなどを見ていると、「行政書士なら独学で十分」などという謳い文句をたくさん目にします。そんな根拠もない言葉を信じるあまり、独学に何年間もの貴重な時間を費やしている方はたくさんいるようです。
このサイトでも何度もお話していますが、行政書士試験は合格率わずか一桁の難関資格です。素人が独りよがりの学習法で、簡単に合格を掴み取れるような甘いものではありません。プロの指導を受けて勉強してきた人と同じ土俵に上がって、果たして勝ち目はあるでしょうか?
実際に、的外れな学習を繰り返し、何度挑戦してもうからない受験生は決して少数ではありません。彼らは「独学」にこだわるあまり、みすみす合格を逃しているのです。
行政書士試験に合格し、実務家として歩みだしたいと本気で願っている方であれば、迷わず「独学」の選択肢を切り捨てるべき。このことは、はっきりと断言できます。

行政書士試験専門の対策講座を受講したいけれど、「独学」のように自分の都合に合わせて学習できるスタイルは捨てがたい。
そんな方にとって理想的なのが、ずばり「通信教育」です。
おうちに居ながらにして、プロによる教材・カリキュラムで勉強できるこの学習法。
受講料もリーズナブルとあって、今、多くの受験生に選ばれています。