賢い教材選びのコツ

通信教育という学習方法が主流となりつつある今、巷には様々な講座がラインナップするようになりました。通学をメインにした予備校などでも、こぞって通信に力を注ぐようになっていますね。
とりわけ、最近特に注目を集める行政書士試験対策については、講座の種類も実に豊富です。同じことを学習するにも関わらず、それぞれ特徴が異なるため、
「行政書士試験には通信教育がオススメなのは分かったけれど、どれを選んで良いのか分からない!」という方も多いかもしれませんね。
そんな迷える受験生たちのために、このページでは、行政書士試験合格に有効な「通信教育の正しい選び方」のコツをご紹介することにいたしましょう!

行政書士試験の通信講座でまず注目すべきなのが、 「テキストの分かりやすさ、見やすさ」です。難しい法律解釈を要する行政書士試験においては、このポイントを外して講座選びをすることは出来ません。
特徴としては、イラストや図表がふんだんに施されているものがオススメです。
視覚的に受け入れやすいものは、重要事項そのものの内容理解もスムーズにしてくれます。
一般的には「法律学習のテキスト=細かい文字」というイメージがつきものですが、資格試験対策においては「いかに分かりやすいか」がカギになります。

また、行政書士試験対策の通信教育の場合、 「映像講義のクオリティの良し悪し」こそが知識の習得に大きく影響してくるものです。
中には映像のない、テキストだけの講座もありますが、ただ文字をなぞっているだけの単調な勉強では、最大限の学習効率は発揮できません。講義は、理解を深めてくれる重要なツールなのです。こちらは勉強のたびに見るものですから、なるべく高画質のものを選びたいですね。

次のページでは、ここで挙げた2つのチェックポイントを元に「合格直結のオススメ通信教育」を具体的にご紹介していきます。