まずは「問題文から大枠をつくる」。それだけで解答欄2/3は埋まります!

おそらく大半の行政書士受験生にとって、悩みのタネとなるであろう「記述式対策」。
記述式とはいえ40字以内にまとめ上げなければならない、必要なキーワードを網羅しなければ大幅減点、そもそも何をどう書けばよいのか・・・等々、行政書士試験の記述式については不安要素を挙げればキリがありません。

しかしながら、実際のところ、記述式に対する受験生の身構え方は少々過剰気味であるとも言えるのではないでしょうか。
ポイントさえおさえれば、行政書士試験の記述式は得点源にもなり得ます。

d949a90065c8e868a7ff9cac0ec8f1d7_s

ここでは、記述式対策でぜひ実践していただきたい、<記述式解答のコツ>をご紹介したいと思います!


 ‘大まかな組み立て’さえ間違えなければ、記述式はまず合格!

記述式の解答作成をする上で、大前提となるのは「問題文を正しく読み込むこと」です。
特に重要となるのは「人物の関係性」と「何について問われているのか」、ここをしっかりおさえなければなりません。


例えば、平成25年度本試験の問44

Aが建築基準法に基づく建築確認を得て自己の所有地に建物を建設し始めたところ、隣接地に居住するBは、当該建築確認の取消しを求めて取消訴訟を提起すると共に、執行停止を申し立てた。
執行停止の申立てが却下されたことからAが建設を続けた結果、訴訟係属中に建物が完成し、検査済証が交付された。
最高裁判所の判例によると、この場合、1.建築確認の法的効果がどのようなものであるため、2.工事完了がBの訴えの訴訟要件にどのような影響を与え、3.どのような判決が下されることになるか。
40字程度で記述しなさい。


記述式に対する苦手意識が高い人であれば、問題文をざっと見て「あー、やっぱり無理。難しい・・・」と拒絶反応が出るところでしょうが、ここは冷静に読んでいきましょう。

問われているのは、
‘1.建築確認の法的効果がどのようなものであるため、2.工事完了がBの訴えの訴訟要件にどのような影響を与え、3.どのような判決が下されることになるか’

ここから解答の大枠を組み立てるなら、
‘××の法的効果があるため、訴訟要件には××の影響があり、××の判決が下される’
となるのが妥当でしょうか。

行政書士試験の記述式では、この問題同様、ご丁寧に解答の大枠が問題文中に提示されているケースがほとんどです。
よって、この枠を外さなければ、解答の方向性が大きくブレることはありません。
ちなみに、大枠だけで30字程度となりますから、あとは「××」の部分にキーワードを入れていくのみで、解答は完成します!


このように、行政書士試験では「記述式」とはいえ、その実態は「穴埋め問題」です。
このことが分かれば、記述式対策への苦手意識が少しは軽減されるのではないでしょうか?