行政書士が注目される理由

行政書士試験は少し前と比較すると格段に注目を集めるようになってきており、今や司法書士や税理士などと肩を並べる人気資格ともいえる存在なのではないでしょうか。
私が受験したのはすでに数年前なのですが、その頃からジワジワと受験者数を増していたように思います。
そして今後、行政書士試験に挑戦する方はますます多くなっていくことが予想されています。

それでは、なぜ今、行政書士なのでしょうか?
その背景には、このライセンスを取得することによってぐんと広がる“可能性”の存在があります。

晴れて行政書士試験に合格し、いざ実務の道を歩もうという時、きっとその「業務範囲の広さ」に驚かれることでしょう。
主な仕事としては「官公庁に提出する書類の作成や手続きの代行」とまとめることができますが、その書類は実に多岐に及びます。どんなことを専門にするかによってまったく異なる活躍の仕方が想定できるので、工夫次第であらゆることに挑戦できるのが行政書士という仕事の魅力なのです。
また、前者の業務に付随する相談応対なども、行政書士ならではのお仕事。
実務の他、コンサルティング的なことも出来るので、また違ったやりがいが感じられそうです。“街の法律家”として、身近な人々のお役に立てるのは嬉しいことですよね!

行政書士試験が注目される理由は、フィールドの広さにあります。
合格後、皆さんはどんな方面で活躍したいと思いますか?