こんなに低いの?合格率

行政書士試験の合格率は、本ページのタイトルに挙げたとおり、近年の平均では約8%程度となっています。一般的には「ちょっと頑張れば合格できるんでしょ」程度に思われがちな行政書士試験ですから、この数字は少々意外に感じられてしまうかもしれません。
過去のデータによれば、平成14年度試験では合格率19%だったことが判明していますから、今でも同様のイメージで考えていては大きな間違いであると言えます。

それでは、行政書士試験の合格率はなぜこんなにも低下してしまったのでしょうか?
その理由のひとつに、 「昨今の資格ブーム」を挙げることが出来ます。
一般的に、社会全体が不景気になると、独立・開業系や専門職系の資格に注目が集まるという傾向があります。「会社にいても不安定」「何かしら手に職をつけておけば安心だ」といった人々の心理が、このような風潮を招くのでしょう。
こうした中、行政書士は「比較的狙いやすい資格」「仕事に直結する資格」として注目されるようになりました。
今や、毎年約50,000名の受験生が挑戦する資格として、不動の人気を誇っています。

合格率一桁の行政書士試験に合格するために必要なのは、「正しい学習法」を実践すること。受験に精通したプロによるカリキュラムで、確実に実力を養成できるような勉強を継続することです。
よく、「独学で十分」などというお声も耳にしますが、最近の行政書士試験は自分流でうかるような易しいテストではありません。確実に合格するためには、専門の対策が不可欠なのです。
「予備校に通うだけの、お金も時間もない・・・」という方には、通信教育という選択肢があります。自分の都合の良い時間に受講できて、しかもリーズナブルな通信教育は、今や社会人を中心に大注目されている学習法です。

本章では、実際に管理人を合格に導いた、オススメの通信講座をご紹介しています。
ぜひ、アナタの受験勉強にお役立てくださいね!