あれもこれも・・・意外と広い出題範囲

行政書士試験は、幅広い法の理解が必要となる難関資格です。
すべての法の土台となる憲法や民法を始め、専門となる行政法関連では行政法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法など、さらには国家賠償法、地方自治法、商法・会社法などからの出題もあります。
その他、基礎法学や行政書士の業務に関し必要な知法令等、そして一般知識と称して政治・経済や個人情報保護、情報通信、文章理解なども併せて問われます。

いかがでしょうか?
行政書士試験の出題範囲は実に多岐に渡ることがお分かりいただけるでしょうか。

行政書士試験では、これら膨大な試験範囲から例年まんべんなく作問されており、科目によって出題割合は異なるものの、手を抜いて良い科目などありません。
では、これらをマスターするために、一体どのような学習が必要になってくるのでしょうか?そのカギは、「出題ポイントをしっかりと押さえた、効率の良い勉強法」にあると言えます。
受験生の中には、「行政書士試験に独学で」という方はとても多いのですが、近年格段に受験者数を増している人気資格ですから、自己流の対策によって短期間で合格することは極めて難しいでしょう。
十分に時間を費やしたのにも関わらず、ポイントがずれていたために不合格。
独学で2~3回挑戦してもなかなかうからず、思いがけず受験が長期に及んでしまう。
そんなケースは決して珍しくありません。

出題される箇所を効率良学ぶ方法としては、行政書士試験に完全対応した対策講座を受講するのが最も近道です。「講座」というと、どうしても金銭的な負担を強いられるイメージがありますが、比較的リーズナブルな「通信教育」なら安心です。
校舎に通わなければならない通学とは異なり、今までのライフスタイルに無理なく学習を取り入れることが出来るので、独学に近い自由な感覚で学べるのも大きな魅力ですね!